22nd note

毎度投稿をあけてしまう。

あまりマメでない性格なんです。

それではカバーを。

幼少時代の僕は父が弾くこのボブディランに目を丸くしていたそうです。

音楽に初めて触れたのは父のギターでした。

あの衝撃はとてつもなく、当時はCDラジカセの再生・一時停止ボタンを連打し歌詞をノートに書きなぐっていました。

もちろん意味など分かる筈もなく聞こえて来た言葉をカタカナで。

「ハーメニロー マスタマー ウォーダーン」のように。

あれから20数年、まだまだ楽しいです。

 

Blowin’ In The Wind