13th note

ある日の経堂

古くからの友人がいる街、東京都世田谷区にある経堂という街に行ってみた。

中央線沿いには高円寺や中野、阿佐ヶ谷や荻窪、それに大久保といったように文化豊かな街が点在する。

そして東京と神奈川を結ぶ小田急線沿いには経堂がある。

この経堂という街には以前から無意味に「お高い」イメージが強かった。

が、しかし歩く程にそのイメージは崩れていった。

例えばこの島田履物店

画像

近付くと。。。。

画像

無理矢理ウルトラマンが被せられている。(手に異常な違和感が。。ふぉーーっ?)

 

そして絶対に彼の胴体でないであろう胴体が(右に見える変な生き物、なにこれ怖い)

画像

ここでは何でも被せるようだ

画像

 

元々売り物であったであろう靴のなかにもとりあえず詰め込む。

この時点でもう靴屋なのか何屋なのかわからない。

画像

 

 

なんか違うキティーちゃん

なんで杖

画像

 

昼は蕎麦に日本酒画像

 

これは・・・

画像

 

もはや何のお店なのか想像がつかない・・・謎

日替わりセットとか怖い

画像

 

そしてこの日、一番の衝撃がコレ↓

画像

 

近付くと・・・

画像

ドトールに隣の富士そば持ってきてやがる・・・なにやってんだ

そしてこの日最後に行ったいわゆる喫茶店、隣の席には50代の女性2人が(頭はガッツしパーマ)、一人はなぜか上半身をめちゃくちゃ負傷していて包帯をセーターの上から何重にも巻いていた。この2人は自身の不倫話でおおいに盛り上がっていた。

この日から「お高い街」から「わけワカメな街」に経堂はなりました。

次回のライブは1/27、下北沢BAR CCOにて12回目の百一人百一唄です。

ぜひぜひ。