12th note

ライブ告知をさせて下さい。

今週末の土曜日(12/22)、下北沢のBAR? CCOにて毎月恒例のライブがあります。

これは僕が企画をしておりまして、毎回素敵なゲストの方にも出演していただいてます。

日常のなかにあるライブの風景を味わいに来て下さい。

SARU PRESENTS 百一人百一唄 vol.11

2012/12/22(土)

☆下北沢BAR CCO

http://www.cotoc.co.jp/toppage.html

ゲスト:2000万パワーズ[南波政人(wash?) + やんややん]

OPEN:19:00~/START:20:00~

CHARGE:¥2.000(2drinks 込み)

■予約

メール予約: info☆sarumusic.com (☆マークを@に変えて送信して下さい。氏名+枚数をお知らせ下さい)

facebook予約:Live予約ページへ(参加ボタンをクリックして下さい)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

photo: Matteo Aroldi

Copyright Notice: All Matteo Aroldi photography’s images are All Rights Reserved. They should not be reproduced in any way, and unauthorized use is strictly prohibited. If you wish to use any of my images for any reason/purpose

広告

10th note

画像

 

 

世の中は実は絶望の固まりでその姿を形成していて、はたまたそれは誰かの幸せの証なのかもしれない。

人は死ぬ為に生きている。

絶望に塗り固められ死に近付いていく。

それゆえに希望という言葉に期待を寄せる。

それゆえに幸せや道楽が無意味に踊り出す。

世の中は混沌でバランスをとっている。

もしも、世の言う幸せが全てを埋め尽くしているのなら、その瞬間それは幸せではなくなる。

絶望は幸せの一つの姿

 

 

 

9th note

画像

 

 

つづく息

 

つづかない息

 

つづく息

 

つづかない息

 

この街でぼくには名前なんてない。

8th note

画像
 
 
90歳になる僕のおばあちゃんがボソッと

 

「えらいこっちゃ~

あの人らは戦争がどんだけ恐ろしいことか忘れとる。あたしゃ選挙行くよ」

 

だーれも殺されたくないし、だーれも殺したくない。

 

恨みも値付けてはいけないよね。

7th note

コドモタチ

作詞作曲:SARU

あなたには届いてるの?
あなたには見えてるの?
あなたには聞こえてるの?
あなたには守れるの?あなたなら叱るかな

わたしなら迷うかな
あなたなら笑うかな
わたしなら守れるの?

Living in the town for what
Who decides for what
Paying the price for what
Let’s talk about it
(英訳)
この街で生きるのは何のためだろう
誰が何を決めるのかだろうか
犠牲を払うのは何のため?
想いを言葉に、、、

あの日から これまでを
あの日から これからを
あの日から 風に乗って
あの日から 子供たちを

あなたには届いてるの?
あなたには見えてるの?
あなたには聞こえてるの?
あなたには守れるの?

Living in the town for what
Who decides for what
Paying the price for what
Let’s talk about it

no more 上へ
no more 上へ

6th note

画像
 
暗闇を照らす程の灯りでなくとも どこか 強く。
 
冷たい水に浮かび そのものが 絶えそうとも あたたかく。
 
キミはだれ
 
ボクはだれ